土地を整地するには

厚木市の土地を整地するには

神奈川県の厚木市は、東京へ通勤や通学で通うにも、便利な場所です。駅の周辺には商業施設も充実していますし、教育機関など公共の設備も整っていますから、厚木市に永住したいと思う人も少なくないことでしょう。また、厚木市に土地を持っていて、そこを売却したいと考えている人にとっても、厚木市はマイホームの需要が高いともいえますから、売り地にすれば、意外と早く、買い手が見つかる可能性もあるかもしれません。
しかし、そのような、売りたい土地に、中古住宅が建っていた場合には、どうなるでしょう。もちろん、その中古住宅が建った状態でも、買い手がいるのであれば何よりなのですが、なかなかそういうわけにはいかないかもしれません。

中古住宅というものは、築年数が経過するにつれて、資産価値というのは少なくなっていってしまいます。それは、住宅というものは、毎日、風雨にさらされて、劣化していくものですので、屋根や外壁も、10年も経てば、補修が必要になるケースが多いからです。ですから、もし、中古住宅が建っている土地を売りに出したいという場合には、まず、住宅が建っている状態で、売りに出してみるのも良いかもしれません。それでも、買い手が見つかりそうにない場合には、建物を取り壊して整地する必要もでてくるでしょう。
土地を買う人にとっては、建物が建っているよりも、整地された土地であるほうが都合がいいでしょうから、その方が買い手の見つかる可能性は高くなるといえるかもしれません。

しかし、最近は、厚木市でも、中古住宅をリフォームして、そこに住むという人も増えていますから、できることなら、建物を取り壊さないで済む方法も探したいものです。建物を取り壊して整地するためには、かなりの費用がかかってしまいますから、それだけ売り地の値段も高く設定しなくてはならないでしょうし、そうなると、買い手もつきにくくなってしまいますから注意が必要です。

ですから、はじめは、建物のある状態で売りに出し、希望があれば、建物を取り壊して整地します、という条件も添えておくのもよい方法かもしれません。また、建物の他に、庭木や庭石などがある場合には、それらを撤去することも必要となってきます。できることなら、住宅の解体業者が、庭木や庭石の撤去まで行うことができるような設備を整えていると、作業の日数だけではなく、費用の面からみても、お得に済ませることができるでしょう。”