相続する際の注意点

厚木市で土地を相続する際の注意点

厚木市は神奈川県にある、横浜市、川崎市に次ぐ規模を持つ市です。厚木市は、住宅地としての需要も高く、分譲住宅なども多く建設されています。厚木市で、親が住んでいた場所を相続することになったとしたら、もし、自分がその時、他の場所に住居を構えているなどという場合には、そこを売りに出すということも考える必要がでてくるかもしれません。

厚木市でも、土地というのは、住んでいなくても、所有しているだけで、税金がかかってきてしまうものです。ですから、そのまま空地として放置しておくよりは、売却した方が良いでしょう。しかし、その土地に、まだ建物が建っている場合には、その建物についての対処も考えなくてはなりません。相続した場合には、その場所は、両親が住んでいた場所であるということも多く、思い入れのあるところなので、すぐに建物を取り壊す気にはなれないかもしれません。しかし、厚木市でも空き家にしておくことは、防犯上でも問題がありますし、自分がその場所に住んでいないケースでは、気が付かないうちに、近隣の住民に迷惑をかけているかもしれません。
ですから、そういった際は、思い切って、決断をするのも大切なことといえるでしょう。

また、将来、相続する可能性がある場合には、前もって、その準備をしておくとよいこともあります。たとえば、土地の名義についてですが、名義人である人が亡くなった場合には、その配偶者にはある程度まで税金がかからないものです。しかし、その名義が、子供のものになっている場合には、多額の税金がかかってしまうことになります。子供にとって、相続したものがある場合、また、それを売却した際には、不動産所得があったとみなされるので、その年は、収入が大幅に増えることにもなりかねません。そのような場合では、当然、翌年の税金にも反映されるものなので、国民健康保険料なども、かなり負担となってしまいますから、注意が必要です。
また、その場所に建物が建っていた場合には、そこを取り壊して、更地にして売却した場合などは、そこにかかった費用は、経費として認められることもあるので、確定申告では、適切な申告をしたいものです。

土地というのは、持っているだけでもお金がかかってしまうものです。もし、両親の所有している家などを相続することになったら、突然の税金などに驚かないように、正しい知識を身に着けておくことが大切といえるでしょう。”